NEWS NEWS

2018.12.06

KK未来創造塾第一講座(京都)報告


11月25日KK未来創造塾第一講座が行われました。

第一講座1日目は、講師村上友一による講座が行われ、
これから京都で学ぶための準備や宇宙について、言葉について、
伝えることの難しさについてをお話ししました。

次に、京都・祇園で坐禅を体験、

坐禅指導者は両足院副住職の伊藤東凌氏より、
坐禅の考え方を学びました。

Facebookでの講座経験のある副住職、ゆるめる、ほどく、手放す、
といった坐禅のエッセンスは、日本人以外の海外の方々にもわかりやすく、
日常からの解放を感じることができました。

坐禅の本番での警策は参加者も、恐る恐る体験されていました。

その後、副住職とともに貴匠桜さんで京都を感じるフレンチをいただきました。

第一講座2日目は、
同志社大学大学院ビジネス研究家教授
村山 祐三 氏による講座が行われました。

伝統産業から文化ビジネスへ、
京都の伝統文化を現代に活かし、ビジネスとして
どのように継続していくのか?

ということを学びました。

机上の空論ではなく、実際に業績を伸ばしている、
村山講師自身の生徒の企業や店舗を例に、
講座が行われ、参考になる事例、アイディア、
伝統文化をビジネスといかに絡めていくかを学びました。

午後からは、
株式会社ファーマフーズの企業視察へ、
一度は目にしたことのあるはずの商品に入っている成分を
開発、研究、販売をしている企業です。

経営戦略や、製品についての説明を
代表取締役社長の金 武祚 氏にお伺いしました。

「バイオは単純でなければならない」という言葉を軸に、
葉酸たまごのお話や、GABAなど、
一度は目にしたことのある製品に入っている主成分の
画期的な抽出方法についてお話しいただきました。

素材を作る会社としての企業理念や、
社員のグローバル化など、充実したお話を聞くことができました。

KK未来創造塾第一講座 京都編、いかがでしたでしょうか?

次回もさらに充実した内容となっております。

次期募集もお見逃しのないよう、よろしくお願いいたします。

Copyright © 2019 kidaken All Rights Reserved.